このページをクリップ


昨日が豊富なのが購入のポイントでした。HDのデフラグや不良セクタの修正などの昨日はもちろんベンチマークやデータの完全消去などの機能もあり、コストパフォーマンスの面でもいいソフトなので満足しています。

かなり早い時期からLeopardに対応しています。私のmacbook white(MB881J/A)でも、購入から1ヶ月程度の時期で既に対応していたので、購入しました。

「Drive Genius2」の主な機能

以下はソフト販売会社 アイギークのサイトの紹介説明文です。


「パーティション設定」
OSXでパーティションの作成、削除、拡張、縮小、移動が自在にできます。パーティションを設定することで、ドライブがより効率的に使えます。

「シュレッダー機能」(作業の前には、必ずデータのコピーをおとりください)
ドライブ上のフリースペースに残るデータを完全に抹消し、データが漏洩しないようにします。アメリカ国防省の規格に準じた最高レベルの安全性です。

「詳細レポート」
OSのボリュームや、全てのドライブについて、メモリの利用状況や仕様の詳細をレポートします。

「デフラグ」(作業の前には、必ずデータのコピーをおとりください)
スピードと効率を改善するために、ハードドライブの最適化を行います。

「ベンチマーク」
包括的なスピードテストや、コンフィギュレーション標準値との比較をグラフ表示し、ドライブのパフォーマンスを診断します。

「サーフェイススキャン」
全てのドライブ、またはOS Xボリュームに対して、一連の非破壊読取りテストを行い、ドライブの安定性を診断します。

「DriveSlim™」
重複ファイルや未使用ファイルを自動で整理し、ドライブスペースを有効利用。

「セクタ編集」(上級ユーザー向け)(作業の前には、必ずデータのコピーをおとりください)
ドライブ、ボリュームやファイル上のデータ全てを、直接バイト単位で編集し、調整することができます。

「複製」
ボリュームのスピード複製や、ドライブの完全クローンを作成します。

「正常動作の確認」
ハードウエア診断により、ユーザーが気づく前にトラブルの予兆を検索します。

「修復」(作業の前には、必ずデータのコピーをおとりください)
ダメージを受けたドライブの修復を行い、操作性の改善を行います。(スピードアップ)

「ディレクトリ再構築」(作業の前には、必ずデータのコピーをおとりください)
消失したり隠れてしまったファイルにアクセスできるよう、OSXのボリューム階層を再構築します。

「検証」
OSXボリューム階層を診断して障害の有無を検証します。

「パーミション修復」
OSXのブートボリュームのパーミッションを修正し、アプリケーションのパフォーマンスを向上させます。

「S.M.A.R.T検証」
S.M.A.R.T診断コードをハードドライブから読み込んで表示し、ハードウエアのトラブルが起きる前に警告します。

  • サイト
  • facebook
  • twitter

PCからタブレット、スマホまで対応いたしました。ガラケーもとりあえず対応しております。

Macに要求するものはどれ?


(票)

(票)

(票)

(票)

(票)